みなさん、こんにちは。

イーウーパスポートです。

ご質問を頂いているのでお答えしますね。

==========================
初めましてKともうします。
中国輸入に興味があり、佐藤様の中国輸入講座を拝見し参考にさせていただいています。
私は、国内せどりをする程度で中国輸入にチャレンジしようと考え中で色々疑問もありコンタクトしたしだいです。

デメリット面で質問させてください。

中国輸入で商品をAmazonのFBA倉庫に例えばとして、100個納入し、1ヶ月で10個しか売れなかった場合在庫がかなり残りそうな場合、FBA保管料金の負担を考慮すると
どのくらいの期限で見切り判断をすれば良いでしょうか。

又、最小限のコストを抑える方法として、
売値を下げる、又、回収の判断の見極めタイミングや他の方法など解決策など
ありましたら、教えていただけましたら幸いです。
よろしくお願い致します。
(文中のお名前は、イニシャルにさせていただきました)
==========================

売出し当初は、なかなか入庫適正量が分からないものですから、
100個入れて、月10個しか売れない・・・ということもありますね。

ロケットスタートをするためにセール価格設定をしたり、
広告を出したり、
あるいはヤフオクに出してマルチチャネルで出荷したり、
商品タイトルや画像や説明文を変えてみたり・・しても一向に伸びない場合もあります。

その場合の選択肢は3つあり、
1つ目は、そのまま放置して保管料を支払いながら売る。
2つ目は、3ヶ月分(この場合は30個)残して、一旦返却する。
3つ目は、安くするor広告費を多めにかけて売る・・・といったところですが、私なら3を選びます。

例えば3,000円で売っていたものを1,800円にして、
利益は殆ど出ないけど売れるようになってきたとします。

そこで200円、300円と販売価格を上げても、
意外とユニットセッション率は変わらないことが多いです。

値段を据え置きにして、広告費をかける手段もありますが、
どちらかというと、販売価格を下げる戦術のほうが、成果報酬に近くて、リスクが低いですね。

そして教訓として、
次からは20個、30個だけ納品して、残りは手元に置いておきましょう。

自宅に在庫を置く場所がないとか、
納品する作業がめんどくさい・・・といった場合には、
FBA納品代行サービスを使ってみてくださいね。

Follow me!


売れ筋商品情報を見逃したくないあなたへ!
毎週火曜日にメールでお届けします!

ご案内
『中国輸入ビジネス通信』にご登録いただきますと、弊社代表の佐藤大介が発行するメルマガをお届けします。いずれも無料、ご不要の際には1クリックで即配信解除できますので、ご安心ください。