まもなく春節!最新の義烏の状況とコロナ対策について                

               

By東方紀明

2021年 1月 29日 , ,                                

皆様、こんにちは。

イーウーパスポートの東方です。

今年は丑年ですね。

丑年について調べてみると「我慢(耐える)」、「これから発展する前触れ(芽が出る)」というような特徴の年のようです。

今年も1年間更なる発展に向けて頑張りましょう!

今回は義烏の状況と春節に向けての中国の対策に関してお伝えいたします。

  1. 中国の現在の状況
  2. 2020年のホテルでの隔離の様子(義烏市)
  3. 2021年の義烏市のコロナ対策
  4. 最後に

1.中国の現在の状況

日本では一部の都市で2度目の緊急事態宣言となりましたが、中国はどのような状況かご存知でしょうか?

直近では1月に入って河北省は感染者が増え、ロックダウンのため一部工場は営業停止となり、高速道路が封鎖され物流がストップしたことをご存知の方もいらっしゃるかと存じます。

同じ中国でも各省ごとに全く状況は異なりますが、感染者数の状況などはこちらのサイトで確認できます。

中国語のページのため分かりにくい部分もあるかと存じますが、公式発表では浙江省には10名(2021年1月28日現在)の別の地域から義烏に来た感染者がいる状況です。

中国では以下の基準で地区ごとのリスクを公開しています。
低风险:陽性の感染者が発生していない、あるいは14日間新規の陽性の感染者なし
中风险:14日間新規の陽性の感染者なし、合計で50人以下の陽性の感染者、あるいは50人以上の感染者で、14日以内にクラスターが発生していない
高风险:50人以上の感染者で、14日以内にクラスターが発生
最新の中风险、高风险地区の情報はこちらから確認できます。

中风险、高风险地区に指定されるとその地域の物流がストップする可能性もございます。
取引先の場所がわかる場合には、定期的に情報の確認をおすすめします。

写真は会社の隣にある小区で撮影しました。

マスクの着用率は場所によりますが、必ず着用しなければならない場所以外では、2-3割の人が着用しているようなイメージです。

2.2020年のホテルでの隔離の様子(義烏市)

現時点では中国に入国するためにはビザが必要となっており、招聘状がなければビザの申請はできません。

昨年の状況を見ても今後入国できるようになった場合、現地に到着後にPCR検査を行い、結果を待つ間の期間はホテルでの隔離が可能性として考えられます。

2020年3月時点の古い情報ですが、他の情報とあわせてご参考頂ければ幸いです。

 

隔離中には守らなければならないルールがありました。

簡単に要約すると以下の通りです。

1.部屋を勝手に離れない

2.燃えたり爆発しやすいものは持ち込まない

3.室内で麻雀をしない

4.個人的に持ち込んだ電力をたくさん消費するような電気製品を使用しない

5.室内で飲酒しない

6.室内の備品などを壊さない

7.大声を出したり喧嘩したりして周囲に迷惑をかけない

8.チェックイン後はWechatのグループに参加

9.ゴミ袋は口を閉じて毎朝9時前に部屋の前に出しまとめて回収

10.食事を受け取るなどドアを開ける際はマスクを着用

11.毎日朝9時と夜8時にWechatのグループで体温を報告

※ルールを破ると隔離期間が延びる可能性もあり、迷惑もかかります。

ルールはしっかり守りましょう。

ホテルは国際商貿城のすぐ近くで、隔離されている外国人は中国語が離せない中東地域の方ばかりでした。

グループ内のやりとりは英語が可能でした。

食事は事前に食べれないものがあるか質問はありましたが、写真の通り全体的に辛い味付けの料理でした。

万が一に備えて日本からも簡単に食べれるものを持ってくることをおすすめします。

エアコンは使用できなかったため、寒い時期に来る際はしっかりとした防寒対策が必要です。

渡航前に現地の気温確認は十分ご注意ください。

3.2021年の義烏市のコロナ対策

各省ごとに対策は異なりますが、基本的には必要ない場合には帰省せずに、不要な外出は避けて今いる場所で年越しするように通知が出ています。

1/28以降に帰省する場合には、陰性のPCR検査証明を取得して帰省後14日間は自宅で健康観察を行います。自宅での健康観察は隔離ではなく毎日の体温検査と症状がないかの確認、不要な外出は避けるというような内容です。

帰省後の7日目と14日目にそれぞれPCR検査が行われます。

健康観察に関しては各地区で状況が異なり、低风险地区ではPCR検査のみというような噂も耳にします。

Previous
Next

春節期間中、実家に帰省せず義烏で年越しする省外の中国人、外国人に対しては住民サービスが提供されます。

主な内容としては、

新年の祝儀として1人あたり500元の電子クーポン、20GBの通信料パックが申請できます。

また文化館、図書館、博物館、ジムなどいくつかの施設は、事前予約で無料で利用でき、市内の医療機関では、2/14-2/21の期間中、外来費用、緊急診察費用はかかりません。

市政府の希望に同意した一部の大家さんは、半月以上の家賃を無料あるいは契約期間を半月以上延長します。

上記の通りなるべく帰省せずに現地で年越しするように通知があり、帰省しない中国人に対しては住民サービスもありますが、1/28以降の陰性のPCR検査証明取得を避けるために前もって帰省した人もおり、大多数の中国人は帰省する可能性が高いと考えられる状況です。

ちなみに国際商貿城の1区から5区の営業予定は下記の通りです。
■春節期間休業日

2月8日の午後から2月19日

(5区1階の輸入商品に関しては2月10日の午後から)

春節明けは2月20日の8:30予定からとなっております。

※コロナの状況次第では日程が変更となる場合もございます。

4.最後に

中国に渡航が難しい状況で、現地の状況がなかなか伝わりにくく、

皆様も手探りの状況かと存じます。

 

中国の帰省ラッシュの時期と言われる春运は、今年は1月28日から3月8日までと

なっています。

春运の期間中はお店や工場の営業状況もばらばらで、営業を開始していても

工員が実家に帰省後戻ってきていないという状況も考えられます。

また中风险,高风险の地域に指定された場合には、リモートワークなどで

納期が遅れる可能性もございます。

 

最新の情報に注意を払いながら、今年の春節明けも例年よりも余裕をもったスケジュールをご検討ください。

今年も1年間どうぞよろしくお願いいたします。

Follow me!


売れ筋商品情報を見逃したくないあなたへ!
毎週火曜日にメールでお届けします!

ご案内
『中国輸入ビジネス通信』にご登録いただきますと、弊社代表の佐藤大介が発行するメルマガをお届けします。いずれも無料、ご不要の際には1クリックで即配信解除できますので、ご安心ください。