中国輸入ビジネスでご質問をいただきましたのでシェアします。

——————————-
いつも貴重なアドバイスを頂き誠にありがとうございます。Amazonからの出品を始めたいとは常に思ってはおりますが中々重い腰が上がらず現状外堀の知識を集めているそんな状態ですがいい加減そろそろ始めようとは最近思っております。 

質問宜しいでしょうか。 

何が売れるかなとちょくちょくAmazonを見ており、いずれはオリジナル商品を手掛けたいと思っております。 
質問と言うのは、検索していながらどの商品がオリジナルでどの商品が相乗りしても良い商品なのかの違いが分かりません。 

相乗り商品で既に複数の方が相乗りしていれば分かりやすいのですが。 
Amazonの画面上で違いの判別は出来るのでしょうか。 

そもそもこの質問の仕方が合ってるのかも自信ありませんが、ご教授頂けますとありがたいです。 
宜しくお願い致します。 

(イニシャル:Oさん)
——————————-

Amazonのルールでは「同一商品は同一カタログで販売する」ので、
ノーブランド品だったり中国のブランド名のままだったり、
1688.comなどで全く同じ商品が買えるなら、相乗り出品しても良い商品ということになります。

が、当然相乗りされた側の立場からすると、いい気分ではありません。
なので、商品はそのまま、ロゴも入れてなければ箱も入れ替えていない、つまり簡易OEMをしていないにも関わらず、
「商標権の侵害なので取り下げてください」と言いたくなりますし、その気持ちは十分にわかります。

Amazonのルールには違反していないので、
相乗り出品を続けてもよいのですが、やはりトラブルのもとですから、現実的には取り下げたほうが良いでしょう。

とすると、Amazonの画面上での判別は、
Oさんがすでに指摘しているように複数の人が相乗りしている商品ならば安全、ということになります。

私は最初の第一歩は、相乗りでまず売って、利益を得ることが大事だと思うのですが、正直、相乗り出品は年々難しくなってきているのが実情です。

なので、相乗りの代わりに、
Amazonで売れている商品を見つけ、
中国アリババ(1688.com)でその商品を画像検索して、
利幅が取れると思ったら、
まず10個くらい仕入れて、メルカリで売るのをお勧めします。

そしてメルカリで反応が良い商品を見極めて、
簡易OEMして、Aamzonで新規出品するのが、今の時代にあったやり方ですね。

相乗り関連で、もうひとつご質問がありましたので、
合わせてお答えしますね。

—————————–
中国輸入で仕入れた商品をAmazonで販売するのに、 
相乗りで出品すると、苦情が来て販売できなくて困っています。 

新規登録の為、JANコードは取得しました。 
新規登録も試してみましたが、 
できないので、 
今ある商品に相乗りで出品すると、苦情。 
(Amazonが推奨してたのに、苦情)で消しまくっています。売れない(泣) 

いくつか出せたのは、売り切れましたので、何とか出品をしたいです。 

どうしたら良いでしょうか? 

ブランドの商標登録もしないと、新規商品登録ができないのでしょうか? 

下記は苦情メールです。 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
(1)すべての○○○から、直ちに出品を取り下げて下さい。 

2020/09/21出品 
販売元    ××× 3個 
販売元    ××× 5個 

        ×××
    ×××
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

アカウント健全性評価→危険になりました。すぐに削除したと連絡しました。 

このままでは、中国輸入ができなくなりますので、 
手順を教えてください。 
商標登録も必要ですか? 
商標登録すれば、必ず出品できますか? 

高額なので、ブランド登録もためらっています。 

(イニシャル:Mさん)
—————————–

これについては、
すでに売れる商品であることは分かっているので、
簡易OEMして新規出品しましょう。

商標登録、Amazonブランド登録は、
いずれもしなくても、新規出品は可能です。

商標登録をしなかった場合のリスクは以前のメールでお話しましたが、
「取得費用が高額だから商標登録はしない(リスクは承知する)」というのも、経営判断なので自由です。

新規出品の手順については、
「中国輸入ビジネスの教科書(改定最新版)」ですべて解説していますので、見ながら実践してくださいね。
https://yiwupassport.net/l/m/jk42kTkmJetaY2

Follow me!


売れ筋商品情報を見逃したくないあなたへ!
毎週火曜日にメールでお届けします!

ご案内
『中国輸入ビジネス通信』にご登録いただきますと、弊社代表の佐藤大介が発行するメルマガをお届けします。いずれも無料、ご不要の際には1クリックで即配信解除できますので、ご安心ください。