今日も中国輸入ビジネスで頑張っている仲間からご質問を頂きましたので、 
シェアしますね。 

———————— 
初めてメールにて質問させていただきます。 
毎日、佐藤様のメルマガ等拝読させていただき、とても勉強になります。 

中国輸入するにあたり、無料メール講座の第二回に出てきた「LEDライト付きサングラス」などは、PSEなどの煩雑な手続きは必要となるのでしょうか。 
電気を使うもの=PSEなどの手続きが必要なのではないか?と当方勝手な先入観を持っております。 
また、PSEの手続きはした事が無いのですが、知り合いから大変だからという話を聞いていたもので、電気関係はスルーして参りました。 

①そもそも、どのような商品がPSE等の申請対象になるのか 

②PSEの申請をしなければならない場合は、どの程度の労力を払う事になるのか 

についてご教示願えれば幸いです。 

(イニシャル:Hさん) 
———————— 

無料メール講座というのは、 
こちらですね。 
https://yiwupassport.net/l/m/w91TLXtOugBcLZ

スマホで移動時間などに読めて、 
1週間で中国輸入ビジネスの基本がマスターできます。 

さて、ご質問のPSE(電気用品安全法)の規制についてですが、 
手続自体は煩雑といえば煩雑です。 

そのためか、Amazonやメルカリを見ていると、 
まったく無視して出品しているものも多く見受けられます。 
だからといって無視して出品してもOKというわけではありません。 
売れ筋になってきたときに通報されて出品取り消しになるのがオチですから、やるからにはちゃんとやりましょう。 

で、対象は 
簡単に言えば「コンセントにさすもの」
です。 

たとえばLEDサングラスもそうですが、 
充電に使うのはUSBです。 

USBの充電に関しては、PSEの対象外なので不要です。 
ちょっと細かく書くと、交流電流を直流に変える装置(ACアダプタ)はPSEの対象になります。 

一般的なスマホの充電器は、 
ケーブル(USB)と、コンセントに刺すACアダプタが分離していますよね。 
このACアダプタだけPSEに適合させればOKということですが、 
工場がPSEに適合させていなかった場合には適合性証明書を取得しなければなりません。 

ただ、今どきであればUSB充電ケーブルをつなぐACアダプタはどの家庭にもあるのでセットにしなくてもいいし、 
もしつけたいのであれば、100円ショップで買ってきて、セットにすればOKです。 

国内の100円ショップで売っているものは、 
既にPSEが付いているはずです。 

ちなみにリチウムイオンバッテリーも規制の対象なのですが、 
容量が小さく、主商品と一体化されていて取り外しできない仕様のものは対象外です。 

PSEについては、 
「特定電気用品」「それ以外の電気用品」に区別されていて、 
電圧検査以外にも、 品目ごとに細かく規定されています。 

特定電気用品は、 
適合性証明書の取得が必要で、概ね40-60万円程度かかります。 
しかも工場の協力がないとできません。 
なので、ロット1000個とか、2000個とか注文する前提です。 

それ以外の電気用品は、 
例えばヘアアイロンとか扇風機などが該当するのですが、 
自主検査でOKです。 

検査は色々ありますが、自分でもできます。 
「耐電圧試験」だけが、1000Vを1分間または1200Vで1秒間の検査が必要なので、 専用の機器が必要になります。 
(イーウーパスポートで準備があります) 

ほかにも 
製氷機なら「10度傾けて、転倒しないこと」とか、 
灯具なら「重さ8kgをぶら下げてもちぎれないこと」とか、 
細かい検査項目があります。 

詳しく書くと長くなるので、こちらの過去記事をご覧ください。 
https://yiwupassport.net/l/m/3isBVjt45qQrpE

「この商品はPSE的にはどうなのかな?」 
「自主検査について、外注できる?」 
イーウーパスポートなら、日本人社員がPSEについても勉強していますので、 
それらもお答えできます。 

ゴールド会員のサービスを、ご活用くださいね。 

Follow me!


売れ筋商品情報を見逃したくないあなたへ!
毎週火曜日にメールでお届けします!

ご案内
『中国輸入ビジネス通信』にご登録いただきますと、弊社代表の佐藤大介が発行するメルマガをお届けします。いずれも無料、ご不要の際には1クリックで即配信解除できますので、ご安心ください。