皆様、こんにちは。
イーウーパスポートの東方です。

本日は品質表示タグの付け替えに関してご質問を頂きました。

さっそくですが。質問させて頂きたいことがございます。 
アパレル商材を取り扱う際に、首裏のタグを交換することで 差別化できるかと思いますが、 
中国から既製品を仕入れる限り、中国仕様の洗濯のマーク?タグ?が付いていると思うのですが 
このような問題にどう対処すれば良いのかわかりません。 
対策や良い方法をご教示いただけないでしょうか。
ペンネーム(K.Kさん) 

日本では一般的には洋服などのアパレル商品には、「繊維の組成」「洗濯絵表示」「表示者名・連絡先の付記」を明示する必要があります。
中には品質表示タグ(明示)がないような商品もありますが、場合によっては違法となり20万円以下の罰金となることもありますのでご注意ください。

イーウーパスポートではタグ制作可能な工場の紹介ができます。
タグ制作費用は1,000片で70~100元(2色印刷)、1片あたり2円程度です。

さらに業務用ミシンで付け替えサービスも承っております。
既存の中国語タグを切り取っての流通加工も可能です。
また工場が生産した繊維製品の簡単な手直しなども承っています。
代行会社を選ぶ時は、こういう簡易OEM作業ができるかどうかも重要です。

また、タグの付け替えは仕入元に言うと、付けてくれたりします。 
300着くらいからは、無料でやってくれる事が多いです。 

サプライヤーによりこうした条件は異なるので、 
仕入れ先を探す際には「タグの付け替え」も聞いておきましょう。 

Follow me!


売れ筋商品情報を見逃したくないあなたへ!
毎週火曜日にメールでお届けします!

ご案内
『中国輸入ビジネス通信』にご登録いただきますと、弊社代表の佐藤大介が発行するメルマガをお届けします。いずれも無料、ご不要の際には1クリックで即配信解除できますので、ご安心ください。